時には早春の親ノ倉山を訪れてみる。 (2011/02/27) の記事画像