週末は瀬音を聞きながら

rapids06.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧

珍しく光線の状態が良くなるのをちょっとだけ待ってみた。

d0072855_198162.jpg
 仙台市西部では、だいぶ雪が積もったみたいですね。昨日撮った一枚です。雪原に描かれた裸木の影。ちょっとだけ見る事が出来ました。今回は、私にしては珍しく、光線の状態が良くなるのをちょっとだけ待ってみました。設定で、vividな色合いを選んでみたのですが、空の色は、かなり彩度が上がりますね。勿論、今回もかなり大胆にレタッチしてます。(RICOH CX6)

 2月頃に各社からカメラ関係の新製品が発表されるようです。OLYMPUSから出るらしい25mm F1.8は結構薄いらしいです。解像力があって、ある程度寄れるものだったらかなり欲しいです。これをPanasonic DMC-GM1に装着したらかなり魅力的なセットになりそうです。

 明日からちょっと遠征です。持って行くカメラはちょっと迷いましたが、CX6にしようかと思ってます。良いお年を。
[PR]
by Clearwater0606 | 2013-12-30 19:12 | 印象的な光景 | Comments(10)

時にはCX6を持ちだしてみる。

d0072855_9251864.jpg
 昨日は、用事をこなしたあと、午後からちょっと仙台市西部の巡回をしてきました。今回は、小さいカメラにしたかったんで、RICOH CX6を胸ポケットに。小さいことは素晴らしいね。高倍率ズームっていうのも、率直に言ってかなり便利。いろいろ、撮ったのですが、帰り道で夕景をぱちり。・・・かなり大胆にレタッチしてみました。(RICOH CX6)
[PR]
by Clearwater0606 | 2013-12-30 09:25 | 印象的な光景 | Comments(2)

時には広瀬川の中洲で流木を眺めてみる。

d0072855_103176.jpg
 昨日でやっと年内の仕事が終了。今年はかなり多忙を極めましたが、昨日でそれも終わり、今日は庭の雪を眺めながらちょっと一息。ちょっと用事があるんで、今日は休漕日。

 写真は、先日、広瀬川の中洲で見かけた流木。水流で磨かれるとこういう感じになるのかな。(SONY DSC-TX10)

 YouTubeで1982年にRandy Mamolaが駆っていたHB SUZUKI RGΓの走行シーンを見る事が出来ました。やっぱり美しすぎる。全開で走るRGΓとRandy、・・・究極だな。31年後の現代において、動画でその姿を見る事が出来るなんて、やっぱり、YouTubeって、凄いね。

 どっかのイベントで、Randyに、もう一度このワークスマシンを駆って欲しいと思うのは私だけではないと思うのであります。SUZUKIさん、よろしく御願いします。世界中の17万人のRGΓファンがその日を待ち望んでいるのであります。
[PR]
by Clearwater0606 | 2013-12-29 10:04 | 水辺の風景 | Comments(2)

時にはかつての賢淵付近を眺めてみる。

d0072855_22412624.jpg
 かつての賢淵付近の広瀬川です。当然と言えば当然ですが、冬の景色になってしまいました。透明度もそれなりに高いようです。緑色の所は竹林なのでしょうか?この時期では、貴重な緑ですね。

 このあたりは、最近、人の手は入っていないようですが、これからもそうあって欲しいと切に願うのであります。このままでも災害が起こったりするわけでは無いのですから・・・。(SONY DSC-TX10)

 明後日、漕ぎたいッス。目下の練習のテーマは、こないだ掴んだような気がするテクニック(?)のおさらいだね。
[PR]
by Clearwater0606 | 2013-12-27 22:42 | 水辺の風景 | Comments(2)

キビナゴ、美味し。

d0072855_22243411.jpg
 キビナゴです。美味し。それ以外の言葉が見つからなかった。これは食べちゃったけど、でも、私には、まだ焼きウルメがあるのだ。(OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro)
[PR]
by Clearwater0606 | 2013-12-26 22:24 | 好物 | Comments(0)

川の透明度が上がってきた。

d0072855_18395928.jpg
 冬場になると川の透明度も上がってくるようです。水温が下がってくるんで有機物が腐敗しにくくなるということもあるのかもしれませんが、人間の活動に伴って周囲の中小河川から本流に入ってくる水が、この時期になると減ってくるという要素が大きく関与しているように思います(私見ですけど・・・。)。まあ、いずれにせよ、透明度が上がるのは良いことです。またその内漕ぎに行きますよ。(SONY DSC-TX10)
[PR]
by Clearwater0606 | 2013-12-25 18:40 | 水辺の風景 | Comments(2)

目下の理想

d0072855_23175285.jpg
 川の流れの向こうに見えるのは権現森の南峰かな?そろそろ冬の里山を歩いてみようかな。さくさくふかふかの登山道が懐かしい。(SONY DSC-TX10)

 週1回川へ、週1回里山へ。これが目下の理想です。靴、・・・まだ買ってません。そろそろ買わないといけないな。
[PR]
by Clearwater0606 | 2013-12-23 23:19 | 水辺の風景 | Comments(4)

時には河原で春の息吹(?)を感じてみる。

d0072855_1774895.jpg
 今日は午後からちょっと久々に漕いできました。滝の瀬は今日も静かでした。広〜い河原にただ一人。贅沢な時間でした。水量はこの時期にしては少し多めかな?透明度は結構高かったッス。水温は、・・・だいぶ下がってましたが、まだ冬用のグローブを使わないでも何とかなりました。(SONY DSC-TX10)
 いつものようにbasic skillの練習をして体を温めて、roll。先日、E.J.のinstruction DVDを見て参考になったことを実践に移してみました。・・・「成る程ね!」って感じ。ちょっと掴んだような感じもしました。滝の瀬左岸のholeが復活したかにも見えたのですが、そんな気がしただけのようでした。out washが強くflat spinも出来ませんでした。
d0072855_179091.jpg
 中休みの時に、珍しく河原をお散歩(何せ広い河原に俺様一人状態なので、悪いことをしない限りは、いつ何をしようと完璧に自由なのです。ささやかながらfreedomを感じる瞬間ですな。)。増水の後なので、お清めされたように河原は綺麗。ほんのちょっぴり芽吹き始めているネコヤナギもありました。早いね〜。ただ、ほんの一部です。(SONY DSC-TX10)
 
d0072855_17314065.jpg
 瀬音が聞こえるだけで、それ以外は静寂に包まれていて、その中に自分一人。これって一つの贅沢なんだろうなと思った次第であります。また、漕ぎに来ますよ。(SONY DSC-TX10)
[PR]
by Clearwater0606 | 2013-12-23 17:16 | kayak | Comments(6)

時には攻略本を集めてみたりもする。

d0072855_18232337.jpg
 OLYMPUS OM-D E-M1を入手してだいぶ経ちますが、結構多機能なので、まだ使い切れていないのが現状であります。取扱説明書だけでは、残念ながら、私にはよくわからないことが結構ありました。

 そこで、いろいろ本を購入してみました。まあ、攻略本ですな。私が知っている範囲では、この3冊が発行されているようです。この内の1冊は、OLYMPUSのキャンペーンで貰った物であります。いずれも、良く書かれていますが、同じようでいろいろ個性があることがわかりました。流石にこれ以上買うことは無さそうです。ハイ。(OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro)

 E-M1、かなり気に入ってます。でも、Panasonic DMC-GM1も良さそうだね。あのコンパクトさは凄まじいッス。執念みたいな物を感じるな。

 しかし、一日中、自宅で、昼寝したりして、じっとしていたんで、頭痛はかなり良くなりました。休むのも大事だね。
[PR]
by Clearwater0606 | 2013-12-22 18:28 | すぐれもの | Comments(6)

暇だと色んな事を考えたりするものである。

d0072855_1321363.jpg
 今日は何だか頭が痛いのでお休み。寝室で、カメラ関係の雑誌を読んだりして、ごろごろしております。暇だと、発作的に、RICOH GRが欲しくなったりするのでちょっと困ります(まあ、困りませんが・・・。)。E-M1もかなり小さいのではありますが、やはり小さなカメラは魅力的ですね。(OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro)

 ちょっと鮮やかな写真を撮りたくなったんで、サーキュラーPLフィルターをゲットしようかどうか、思案しております。
[PR]
by Clearwater0606 | 2013-12-22 13:06 | おんつぁんの想い | Comments(0)