週末は瀬音を聞きながら

rapids06.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 26日

時には小川の水面を狙ってみたりもする。

d0072855_21192933.jpg
 東北大植物園は、なかなか魅力的な場所です。勿論、手は入れられているのですが、手の入れ方が絶妙で、植物園内を流れる小川も結構自然度が高いと思います。今回は早春の木々の映る水面をぱちり。ちょっと面白い雰囲気の写真が撮れました。(OLYMPUS PEN E-P1 + OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro)
[PR]

by Clearwater0606 | 2012-03-26 21:20 | 水辺の風景 | Comments(6)
Commented by utinopetika2 at 2012-03-26 21:58
水面に映る木々と川底の色あいが面白いです。
↓のような写真を拝見してますと、じっとしていられなくなります(笑)。
Commented by Clearwater0606 at 2012-03-27 00:08
utinopetika2さん、どうもです。ちょっと面白い被写体だったんで、思わず撮ってしまいました。被写界深度が浅いんで、水面にfocusを合わせると川底がピンぼけ、川底に合わせると水面がピンぼけとなってしまい、なかなか難しいです。

春はすぐそこまで来ていますね。間違いなさそうです。
Commented by lc4adv at 2012-03-27 20:42
狙っても撮れない面白い画像ですね。
Commented by Clearwater0606 at 2012-03-27 21:15
lc4advさん、どうもです。こういう写真は、その時、その瞬間でしか撮れないんでしょうね。光の角度、雲の状態など、刻一刻と変化していきますからね。そう考えるとちょっと面白いですね。
Commented by biwakokayo4 at 2012-03-27 21:35
冬枯れの木々の映り込みは美しいですね。
葉が生い茂るとこういう写真は撮れませんから
寒い冬も撮影にはいいですね。
Commented by Clearwater0606 at 2012-03-27 22:03
biwakokay4さん、どうもです。おっしゃるとおり、今の時期にしか撮れない光景の一つかも知れませんね。

もう少ししたら、木々も芽吹いてくるんでしょうね。


<< 個人的に非常に懐かしい光景であった。      もう一つの目的 >>