週末は瀬音を聞きながら

rapids06.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 25日

TG-5の実力の一端

d0072855_20090112.jpg
 朝日町のアキアカネです。TG-5の顕微鏡モードで撮ってみました。かなりの解像感だと思います。TG-5、恐るべしです。あっぱれ、あっぱれ。ちなみに、この写真はトリミングしてます。(OLYMPUS Tough TG-5)

d0072855_20180952.jpg
 こちらは、ノートリです。撮影条件を調べてみると、フルサイズ換算で30mmでした。つまり、かな〜りおおざっぱに言うと、焦点距離が30mmのマクロ撮影に相当するわけです。解像力もなかなかだし、背景も適度にぼけるし、環境の雰囲気もある程度は伝わる。これは凄いことですなあ。(OLYMPUS Tough TG-5)

 TG-5一台で、スナップも、マクロ、風景もとりあえず何でもいけそうだなあ。kayakの時はこれ一台でOKという感じ。今回は、E-M1+望遠ズームも持って行ったのですが、結局、使わずじまいでした。

 関係無い話題ですが、RICOH GR IIIの開発が正式に発表されました。とてもコンパクトのようだし、これはgame changerになりそうです。RICOH、恐るべし。デジタルカメラも俄然面白くなってきましたよ〜♪

[PR]

by Clearwater0606 | 2018-09-25 20:11 | 昆虫 | Comments(2)
Commented by yossy1904 at 2018-09-26 21:27
おー、40-150mm F2.8 PROはやっぱり凄いな・・
と思ったらTG-5ですか。
最近コンデジはスマホにやられっぱなしですが、これはちょっと格の違いを感じます。
Commented by Clearwater0606 at 2018-09-26 22:32
yossy1904さん、有り難うございます。TG-5で撮影しました。うまく寄ることが出来ればかなり解像感のある写真が撮れそうです。

上手く言えませんが、非常にしっとり感のある画像が得られる感じです。まだまだ使っていない機能があるので、その内、トライしたいと思っている今日この頃であります。


<< 収穫間近の果樹園@朝日町      初めてインターバル撮影をやって... >>